米沢観光コンベンション協会

山形県米沢市 米沢観光物産協会公式ホームページ

上杉の城下町米沢の観光・物産情報
presented by
米沢観光コンベンション協会



ログイン
メモ メール Q&A  リンク 地図 ウィキ 特集 プラン
powered by samidare
心に響く、芸がある
「祭の音」
〜城下に響く祭の囃子〜

この度、米沢のおまつり、芸能を支えてきた米沢民謡一家
米沢お囃子連が、70周年記念事業ということで
初めての自主公演を開催します!
伝統の音、迫力と感動のステージ ぜひご来場ください!

日時 平成30年6月24日(日)13時開場 13:30開演
会場 伝国の杜 置賜文化ホール
入場料 大人1000円 高校生以下無料
出演 民謡一家・米沢お囃子連
チケット購入 お問合せ
民謡一家 電話0238-23-4746
米沢観光コンベンション協会 電話0238-21-6226
ホームページ http://minka-yonezawa.net

日本人が忘れかけていた何かを呼び戻してくれるような懐かしい響き
音は言葉を持たないだけに、想像力をかきたて、胸に響き 心も踊り
そこには「新しいART」ともいうべき世界が広がる
上杉の城下町米沢に受け継がれてきた伝統の三味線 民謡 太鼓の音が
織りなす迫力のステージをぜひご覧あれ

直江兼続400回忌 特別企画

上杉・直江兼続「ものがたり館」
<時代を越えて生きる兼続のまちづくり>

場所 米沢市丸の内1—3−60

2018年4月20日(金)〜9月30日(日)
10:00〜15:30
火曜日定休

入場無料

紙人形の展示
陣羽織レンタル
戦国小物
記念クリアファイル
郷土誌


...もっと詳しく

平成30年米沢上杉まつりのパンフレットが完成しました!


開幕祭のステージイベントスケジュール、武てい式や川中島合戦の主な流れなどなど、より詳細な情報を掲載しております!

上杉まつりの情報だけでなく、米沢市内でこの期間行われているイベント情報なども載せていますので、そちらも併せてお楽しみください。


当日会場でお配りするほか、米沢市役所、米沢観光コンベンション協会、米沢駅(置賜広域観光案内センターASK)、米沢市内のお店などを中心にご用意しています。見かけたらぜひお手に取ってご覧ください。

●こちらからもご覧いただけます(PDF)
 平成30年米沢上杉まつりチラシ(表)

 平成30年米沢上杉まつりチラシ(裏)

米沢市内 1日バス乗り放題で、米沢の観光を満喫!
米沢市内の全路線バス(循環バス右回り・左回り・南回り・市民バス)
及び山交バスの特定区間 
これらの路線が1日乗り放題で1日500円

米沢を観光するには便利な1日バス乗車券です!

利用期間
4月1日(日)〜11月30日(金)
販売価格 500円
販売窓口 バス車内
     米沢駅観光案内所アスク
     米沢観光コンベンション協会観光案内所(上杉神社内)
     道の駅米沢総合観光案内所

ぜひご利用ください!

6月1日から販売される米沢観るパス(上杉文化施設共通入館券)
も一緒にお買い求めいただき観光にご利用いただくと便利です。

特別展「直江兼続 -兼続と新時代を切り開いた人たち-」 

会 期:平成30年4月21日(土)〜5月27日(日)
休館日:5月23日(水)
展示替:5月9日(水) 常設展示はご覧になれます。
主 催:米沢市上杉博物館
料 金:一般620円(490円)高大生400円(320円)小中生250円(200円)
    (  )20名以上の団体料金
直江兼続特別展チラシPDFファイル
 直江兼続の生きた時代は中世から近世へと大きく時代が変わっていきました。兼続は 主君である上杉景勝とともにその変化を推進していく立場にありました。
 本展は、その変化に兼続とかかわった人物に着目して、兼続そして上杉氏の動向を紹介していきます。中央政権との関わりでは石田三成を中心とした豊臣政権の構成者、豊臣政権の天下統一のために服属を働きかけた伊達政宗、上杉家と江戸幕府との安定的関係の構築に重要な役割を担った本多正信・政重父子らとの関係を浮き彫りにしていきます。また、兼続の活動を支えた上杉氏家臣らとの関係にも目を向けます。
 2018年は兼続の四百回忌に当ります。これを機に改めて直江兼続の業績に着目していきます。

■講演会「石田三成と直江兼続」
 
5月12日(土)14:00〜16:00
 中野 等 氏(九州大学大学院比較社会文化研究院教授)
 伝国の杜2階大会議室にて、聴講無料、定員 先着120名
 

■ギャラリートーク(担当学芸員による展示資料解説)
4月21日(土)(終了)、5月20日(日) いずれも14:00〜15:00
  ※企画展示室にて、要特別展入館料  


■主な展示資料
・(天正11年)6月28日直江兼続・狩野秀治宛石田三成書状〔市立米沢図書館〕
・豊臣氏五奉行連署状 慶長3年8月6日 石川紀伊守宛〔大阪城天守閣〕
・直江状写〔米沢市上杉博物館〕
・越後一揆絵図〔米沢市上杉博物館〕【初公開】
・(慶長5年)11月19日横田旨俊宛直江兼続書状 
 国宝「上杉家文書」〔米沢市上杉博物館〕【前期のみ】
・陣羽織 石川県指定文化財〔加賀本多博物館〕
・(天正19年)2月17日色部長真宛直江兼続書状
 重要文化財「越後文書宝翰集」〔新潟県立歴史博物館〕【後期のみ】 他
...もっと詳しく

西吾妻スカイバレーが開通いたしました。
開通日 4月27日(木曜日)午前10:00〜
5月中旬まで夜間通行止め(17時〜翌7時)
問合先:置賜総合支庁建設部道路計画課 26-6000(代)

西吾妻スカイバレーは白布温泉から裏磐梯へ抜ける約20キロの山岳道路です。
景色も素晴らしく、絶好のドライビングコースです。
白布温泉〜裏磐梯 約40分です。

白布温泉での入浴、お食事
西吾妻のトレッキング 天元台高原での空中散歩
ぜひ福島側より春のスカイバレーを通って
景色を楽しみながら 米沢にお入りください。

 



4月7日に開花しましたが、過去20年では最速での開花となり、どうなるかと思いましたが今年は気温があまり上がらないこともあり、ゆっくりと咲いていますね。
ようやく満開に近づいてきました!

標準木以外の他の木々は、5分咲きくらいのところもありますね
すべて満開に咲き誇るには、もう2,3日かかりそうです。

本日の天候は 雨のち曇り
最高気温16度 最低気温10度
明日は曇りのち晴れですが 最高気温10度 最低気温5度と肌寒いようです。

この松が岬公園の桜の風景が絶景を通して日本の魅力を世界に届けるサイト「ZEKKEI Japan」の「プロカメラマンが絶賛する世界に伝えたい日本の絶景 春のZEKKEIアワード」に選出されました!
「ZEKKEI Japan」「春のZEKKEIアワード」
写真の撮影された場所は、上杉神社南側で『菱門橋と水面に映る満開の桜』が絶景と評されています。

さらに夜にはライトアップされ
これがさらに美しい風景を見せてくれます。
ライトアップは 4月中旬〜4月下旬
時間は夕方18時30分〜22時まで
昼、夕方、夜 様々な美しい風景をお楽しみください!


...もっと詳しく

上杉神社、松が岬公園の桜情報をお伝えいたします。

4月7日(土)に開花いたしました!現在咲き始めです!

基準木


満開時期は気温にもよりますが
だいたい6日〜1週間後くらいで
今年は開花後に寒い日が続いており、ゆっくりと咲いていきそうです。
4月14,15日頃に満開 というような予想です。

夜はライトアップも実施されますので
ぜひお楽しみください。

本日の天候はちょっと肌寒いですが、晴れ間がさしております。
晴れ
最高気温15度
最低気温2度

明日の天気は
晴れ後雨
最高気温20度
最低気温3度

こちら松が岬公園は
お堀沿いに200本の桜が咲き誇る様子は
とても綺麗です。お堀の水面に映る桜が更に美しさを
際立たせます。

置賜でも有数な桜の景勝地、写真撮影スポットではないかと
自負しております。

特に、お堀に架かる赤い橋(菱門橋)を入れた
桜風景は風情があってオススメです。
また、桜が散った時に水面を染める
風景もとても綺麗です。

4月20日には道の駅米沢もオープンいたします!
ぜひお越しください。
http://michinoeki-yonezawa.jp/

...もっと詳しく

{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

1年に1度の特別公開!
法音寺『秘仏 善光寺如来尊』御開帳 特別拝観ツアー!

上杉謙信公が深く信仰したといわれる『善光寺如来尊』。
年に一度、一日限りの特別公開!
米沢藩主の菩提寺である法音寺にて、一日限り御開帳される
「秘仏 善光寺如来尊」と、上杉謙信公・米沢藩初代藩主
景勝公から11代 斉定公までの廟屋が立ち並ぶ上杉家廟所など、
上杉家ゆかりの地をめぐります。


【出発日】 平成30年 5月15日(火)(日帰り)

【代 金】 4,500円(税込)

【集 合】 JR米沢駅 (山形県米沢市駅前一丁目1-43)

【添乗員】 あり(米沢観光コンベンション協会スタッフ)

【移 動】 貸切バス

【定 員】 20名(最少催行人員 16名)

【食 事】 つきません


【行 程】

  9:20頃  JR米沢駅 集合/出発 (出発は9:30頃)
       
         法音寺 特別御開帳『善光寺如来尊』 拝観

         ※当日の御開帳は一時間のみとなり、
          一般の方の拝観も予想されるため、
          短時間の拝観となります。
          予めご了承ください。

         上杉家廟所 拝観

         上杉城史苑にて自由昼食・お買いもの

         上杉神社・上杉博物館 見学
         (観光ガイドによる解説つき)


 14:30頃  JR米沢駅 到着/解散

 ※道の駅米沢 発着のコースもございます。


 【参 考】 

 ※関東方面よりお越しのお客様
  山形新幹線つばさ123号(東京駅 7:12 → 米沢駅 9:24)
 ※山形方面よりお越しのお客様
  奥羽本線(山形駅 8:15 → 米沢駅 9:06)

プラン
法音寺『秘仏 善光寺如来尊』御開帳 特別拝観ツアー【JR米沢駅 出発】
販売期間 2018/05/15 〜 2018/05/15
集合場所 米沢市駅前一丁目1-43
取扱・実施会社 一般社団法人 米沢観光コンベンション協会
料金
おひとり様あたり 4,500 円(税込)〜
インフォメーション

〜善光寺如来尊と上杉家について〜
善光寺如来尊は、インドより百済を経て552年の仏教伝来とともに欽明天皇に献じられた我国最古の仏像とされる三国伝来の秘仏である。1551年 川中島の戦いの折、信州中野城主高梨政頼が戦国の兵火を避けるため、信濃善光寺のご本尊を上杉謙信公に奉じた。謙信公は春日山に如来堂を建ててご本尊を懇ろに奉祀するとともに深く尊信し厳重に守護した。1601年 上杉家の国替えに伴い善光寺如来尊も米沢に移され、二代目 景勝公が米沢城本丸に謙信公を祀る御堂を建て、御堂本殿の中央に謙信公のご尊骸を、右に善光寺如来尊、左に泥足毘沙門天尊を安置した。明治に入り法音寺が歴代藩主御廟所のある現在地に移転し、明治九年 本丸の御堂が解体されて謙信公のご遺骸が現在地(御廟所)に遷座された際、善光寺如来尊、泥足毘沙門天尊は法音寺に移され奉安された。毎年5月15日には、御開帳法楽祈願祭を厳修し、世界平和、万民息災と諸願成就を祈願している。

〜お申込みにあたって〜
・旅行代金に含まれるもの:バス代、拝観・入館料、旅行保険代など。
・集合場所(JR米沢駅)までの旅費は旅行代金に含まれておりません。
・昼食は含まれておりません。上杉城史苑(レストラン・ラーメン店あり)にて自由昼食となります。
・お申込みが最少催行人員に満たない場合は、中止させて頂く場合がございます。
・ご予約は出発日の7日前までとなります。旅行代金は、事前に指定する口座にお振込み頂く形となります。
・催行の決定は、出発日の7日前までにご連絡をさせていただきます。
・この旅行は(一社)米沢観光コンベンション協会が企画・実施する旅行であり、この旅行に参加されるお客様は募集型企画旅行契約を締結することになります。その他の旅行条件は別途お渡しする旅行条件書面、契約書面、確定書面(最終旅行説明書面)及び当社旅行業約款募集型企画旅行契約の部によります。

〜旅行企画・実施〜
【一般社団法人 米沢観光コンベンション協会】
総合旅行業務取扱管理者:西村和博
〒992-0052
山形県米沢市丸の内一丁目4-13 上杉神社臨泉閣内
TEL: 0238-21-6226/FAX: 0238-22-2042
...もっと詳しく

▼観光に関するご意見・ご質問など、詳しくはこちらまでお問い合わせ下さい。
社団法人 米沢観光物産協会 〒992-0052 山形県米沢市丸の内1-3-60
TEL 0238-21-6226 FAX 0238-22-9608 E-mail info@yonezawa.info
概要 定款 事業 加入のお願い 個人情報について セキュリティについて 当サイトの参加方法

powered by samidare