米沢観光コンベンション協会

山形県米沢市 米沢観光物産協会公式ホームページ

上杉の城下町米沢の観光・物産情報
presented by
米沢観光コンベンション協会



ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
powered by samidare
1.9MB - PDF ダウンロード

会 期:後期2022年10月22日(土)〜11月20日(日)
国宝「洛中洛外図屏風」原本展示 10月22日〜11月20日
11月3日文化の日は どなたでも入館無料になります。
休館日:10月26日(水)
主 催:米沢市上杉博物館

料 金:常設展・企画展のセット券 
   一般      700円(560円)
   高校・大学生  450円(360円)
   小・中学生   300円(240円)
   ( )内は20名以上の団体料金です。
※常設・企画一体型の展示です。
11月3日文化の日は どなたでも入館無料になります。

国宝「洛中洛外図屏風」原本展示 10月22日〜11月20日


旧米沢藩主上杉家には幕末から主に昭和10年代にかけて1,300点以上の写真が伝来しています。
当館では2016年開催の企画展「上杉家の古写真」以来、写真1点ずつの整理に加え、他の写真資料の収集と比較、被写体や撮影時期の推定、文献資料との照合といった調査に取り組んできました。

この成果をもとに、本展覧会では斉憲・茂憲・憲章と三代にわたる上杉家当主と家族の肖像を通して上杉家の動向と写真との関わりを紹介します。特に最後の米沢藩主茂憲は明治5年(1872)に英国に留学、後に沖縄県令を務めたことで、現地の風景や交流した人々の貴重な写真を見ることができます。親類はじめ旧大名や明治の元勲の肖像、憲章の妻房子(公爵鷹司家出身)と友人達の写真は、上杉家の華麗な人脈の証です。米沢の邸宅や宝物、行事と名所を捉えた明治時代中期以降の写真は、上杉家と米沢の強い結びつきを物語ります。上杉家の人々が明治時代に旅した熱海や有馬温泉など日本各地の風景写真も見逃せません。
本展覧会では前後期あわせて250点以上を展示し、上杉家伝来写真の魅力と特徴、その全容に迫ります。他では見られない、まだ目にしたことのない写真に、きっと出会えることでしょう。


チラシ
2022.10.26:staff:修正削除
▼この記事へのコメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 管理者の承認後、反映されます。
▼観光に関するご意見・ご質問など、詳しくはこちらまでお問い合わせ下さい。
社団法人 米沢観光物産協会 〒992-0052 山形県米沢市丸の内1-3-60
TEL 0238-21-6226 FAX 0238-22-9608 E-mail info@yonezawa.info
概要 定款 事業 加入のお願い 個人情報について セキュリティについて 当サイトの参加方法

powered by samidare