米沢観光コンベンション協会

山形県米沢市 米沢観光物産協会公式ホームページ

上杉の城下町米沢の観光・物産情報
presented by
米沢観光コンベンション協会



ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
powered by samidare
上杉博物館企画展
「後藤克芳の世界 アートがアートでなくなる瞬間!?」


会 期  平成30年 6月2日(土)〜 7月22日(日)
展示替  6月25日〜26日一部展示替(常設展示はご覧いただけます。
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日  6月27日(水)
入館料  一般410(320)円 高大生300(240)円 小中生200(160)円
※(  )は20名以上の団体料金  

 米沢出身のポップアート作家 後藤克芳は、武蔵野美術大学を卒業後
1964年に単身で渡米、36年間にわたりニューヨークで制作活動を展開し
ました。
 没後全作品が夫人とともに帰国、その多くが当館に寄贈されました。
 寄託などを含めて約130点が当館に収蔵されています。  
 後藤は、当時台頭していたポップアートとミニマリズムなどに影響
を受けながら自らの制作スタイルを模索し、日常の中にある驚きや、
感動を形にしようと試行錯誤します。そこで生まれた後藤スタイルは、
すべての作品に故郷の米沢市田沢で親しんだ「木」を用いることでした。
制作された立体、半立体作品はすべて「木」で作られていながら、対象
とする物の質感を驚くほど再現しています。
そのスーパーリアリズムは、日々の生活は「当たり前だと思う、あまり
考えもしないこと」に感動や驚きがあふれていることに気づかせてくれ
ます。
当館で平成16年に没後初めて展覧会を開催した際には、大きな反響が
ありました。  
 本展では、後藤の代表作を中心に、プロダクトデザイン、平面作品、
試行錯誤を繰り返した習作などテーマごとに展示し、常に柔軟な心と眼
を持ちつづけた後藤の芸術の根幹に迫ります。
チラシ裏面
2018.06.13:staff:修正削除
▼この記事へのコメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 管理者の承認後、反映されます。
▼観光に関するご意見・ご質問など、詳しくはこちらまでお問い合わせ下さい。
社団法人 米沢観光物産協会 〒992-0052 山形県米沢市丸の内1-3-60
TEL 0238-21-6226 FAX 0238-22-9608 E-mail info@yonezawa.info
概要 定款 事業 加入のお願い 個人情報について セキュリティについて 当サイトの参加方法

powered by samidare