米沢観光コンベンション協会

山形県米沢市 米沢観光物産協会公式ホームページ

上杉の城下町米沢の観光・物産情報
presented by
米沢観光コンベンション協会



ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
powered by samidare
特別展「直江兼続 -兼続と新時代を切り開いた人たち-」 

会 期:平成30年4月21日(土)〜5月27日(日)
休館日:5月23日(水)
展示替:5月9日(水) 常設展示はご覧になれます。
主 催:米沢市上杉博物館
料 金:一般620円(490円)高大生400円(320円)小中生250円(200円)
    (  )20名以上の団体料金
直江兼続特別展チラシPDFファイル
 直江兼続の生きた時代は中世から近世へと大きく時代が変わっていきました。兼続は 主君である上杉景勝とともにその変化を推進していく立場にありました。
 本展は、その変化に兼続とかかわった人物に着目して、兼続そして上杉氏の動向を紹介していきます。中央政権との関わりでは石田三成を中心とした豊臣政権の構成者、豊臣政権の天下統一のために服属を働きかけた伊達政宗、上杉家と江戸幕府との安定的関係の構築に重要な役割を担った本多正信・政重父子らとの関係を浮き彫りにしていきます。また、兼続の活動を支えた上杉氏家臣らとの関係にも目を向けます。
 2018年は兼続の四百回忌に当ります。これを機に改めて直江兼続の業績に着目していきます。

■講演会「石田三成と直江兼続」
 
5月12日(土)14:00〜16:00
 中野 等 氏(九州大学大学院比較社会文化研究院教授)
 伝国の杜2階大会議室にて、聴講無料、定員 先着120名
 

■ギャラリートーク(担当学芸員による展示資料解説)
4月21日(土)(終了)、5月20日(日) いずれも14:00〜15:00
  ※企画展示室にて、要特別展入館料  


■主な展示資料
・(天正11年)6月28日直江兼続・狩野秀治宛石田三成書状〔市立米沢図書館〕
・豊臣氏五奉行連署状 慶長3年8月6日 石川紀伊守宛〔大阪城天守閣〕
・直江状写〔米沢市上杉博物館〕
・越後一揆絵図〔米沢市上杉博物館〕【初公開】
・(慶長5年)11月19日横田旨俊宛直江兼続書状 
 国宝「上杉家文書」〔米沢市上杉博物館〕【前期のみ】
・陣羽織 石川県指定文化財〔加賀本多博物館〕
・(天正19年)2月17日色部長真宛直江兼続書状
 重要文化財「越後文書宝翰集」〔新潟県立歴史博物館〕【後期のみ】 他
チラシ裏面
2018.04.30:staff:修正削除
▼この記事へのコメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 管理者の承認後、反映されます。
▼観光に関するご意見・ご質問など、詳しくはこちらまでお問い合わせ下さい。
社団法人 米沢観光物産協会 〒992-0052 山形県米沢市丸の内1-3-60
TEL 0238-21-6226 FAX 0238-22-9608 E-mail info@yonezawa.info
概要 定款 事業 加入のお願い 個人情報について セキュリティについて 当サイトの参加方法

powered by samidare